買う株の選び方

株式市場に上場している銘柄はとても多くあります。すべてを一つ一つ見ていくことは大変です。ここでは、銘柄選びについてみていきます。

身の回りに注目する
すべての株の中から、自分の希望する銘柄を割り出していくことは、大変なことです。
株にはそれぞれ特性がある
上場している取引所によっても、その個性が異なります。
株の呼び方
低位株であっても、値がさ株であっても、株主の権利が変わることはまったくありません。
保有する銘柄について
株式は、生き物と同じです。毎日絶えず動きますので、お世話が必要になってきます。
消費者の視点で考える
銘柄選びのヒントは、私たちの日常生活の中に隠れています。
CMから情報を得る
CMにも、投資におけるヒントが隠されているのです。
成長性を見る
株価が上がるということは、企業が将来的に成長していくかどうかが問題となってきます。
決算書を見る
企業の業績は、決算書で見ることが出来ます。
PER
企業の利益から株価の安定と割高を読むことが出来る尺度に「PER」(PriceEarningRatio−株価収益率)があります。
PBR
企業の利益を見るだけでは、良い企業を探すことは出来ません。
ROE
企業は、株主に出資してもらった資金で、事業を展開していきます。
株主資本
会社の安定性を見るには、株主資本が大切になってきます。
「会社四季報」で確認する
株式投資を行う場合、銘柄選びの手助けをしてくれるのが、「会社四季報」や「日経会社情報」になります。
上方修正と下降修正について
企業の来期予測が狂った場合は、上方修正されるか、下降修正されることになります。
損益計算書
株式投資を行ううえで、その企業の実力を知ることは必要です。企業の実力を知る方法には、「損益計算書」と「貸借対照表」の2つがあります。
貸借対照表
貸借対照表はバランスシートとも呼ばれています。