ETFについて

正式名称を「株価指数連動型上場投資信託」といいます。


 ETF(ExchangeTradedFund)という商品があります。正式名称を「株価指数連動型上場投資信託」といいます。ETFは、「日経平均株価」や「TOPIX」(東証株価指数)に連動する投資信託になります。通常の投資信託と違って、株式市場に上場されています。ですから、そのときの時価で売買することが出来ます。ETFのメリットとしては、日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)に連動して運用されるので、値動きや損益を把握しやすくなっています。忙しい人でも、値動きを把握しやすく、活用しやすくなっています。
 手数料は、普通の銘柄を購入するときと同じです。指値注文や成行注文も行うことが出来ます。ETFが個別銘柄と異なる点は、投資信託という点です。投資信託なので、保有している間「信託報酬」という運用コストがかかります。ETFと同じように「日経平均株価」や「TOPIX」(東証株価指数)に連動する投資信託に「インディクスファンド」があります。ETFは、インディクスファンドと比べても、信託報酬が安くなっています。
 ETFは、多数の会社の株式に投資することが出来るので、リスクを分散することが可能となります。ほとんどの銘柄が10万円前後で、株式市場全体や主要銘柄に投資をすることが出来ます。