初めての投資には株がお勧め

投資をするにあたっては、「投資期間「や「投資目的」をはっきりさせておくことが必要です。


 投資をするにあたっては、「投資期間「や「投資目的」をはっきりさせておくことが必要です。投資目的が、住宅購入資金のためや子供の教育資金のためなどなら、資金が必要になる時期が明確に決まっています。必要な時期には換金できるように、投資期間もある程度決まってきます。老後の生活をゆとりあるものにしたいから、そのために投資を行うという場合は、資金の必要時期がはっきりしていませんので、投資期間も特にはっきりした期間はありません。このようなことを考慮して、目的に応じて、投資対象を決めていきます。
 投資の対象となるものには、多くの金融商品があります。「投資信託」「債権」「外国通貨」「不動産」「商品先物」など、さまざまなものがあります。これらの投資商品は、リスクやリターンも異なります。投資初心者が行う商品として、最適なものは、「株式投資」だと考えられます。少額の資金からはじめることが出来ますし、もっと資金を増やしたいと思えば、自由に増やすことが可能です。また、情報量も多く、株式投資に関することを知りたければ、書籍や雑誌、インターネットなどで簡単に収集することが出来ます。このことからも、株式投資は、初心者向きであると考えられます。