損切り

株式投資において「損切り」という言葉があります。


 株式投資において「損切り」という言葉があります。損切りとは、保有している株が、購入時の価格よりも下がった結果、それ以上の損失を増やさないために、ある程度の損失は覚悟して、その株を売却することを意味します。株式投資では、利益が出る取引ばかりならばいいのですが、損失を出すこともあります。その場合、損切りをすることになります。
 利益が確定し、株式を売却することは、気分もよいのですが、やむを得ず、損切りをする場合は、悔しい気持ちで一杯になります。損切りを行った場合は、更なる含み損を増やさないためにも、その日に取引を行うことは避けた方が良いと考えられます。
 損切りをした場合、投資家は、多かれ少なかれ、ショックを受けることになります。その結果、冷静な判断が出来なくなる場合があります。「損失分を取り返すぞ」「儲かりそうな銘柄を買うぞ」「絶対、儲けを出すぞ」などと意気込んでしまうかもしれません。そのような状態で株の売買を行えば、間違った銘柄選びをしてしまい、余計含み損が増えてしまう可能性があります。精神的ダメージが余計膨らんでしまいます。ですから、損切りをした日は、1日取引を行わないことが、賢明とされます。