コストの確認

株式投資には、さまざまなコストがかかります。


 株式投資には、さまざまなコストがかかります。お金に対して無頓着ではいけません。株式投資においてかかったコスト把握しておくことが大切です。かかったコストを理解することで、株式投資をして1年間でどのくらいも受けることが出来たのか確認することが出来るのです。
 株式投資を始めるにあたっては、どのようなものが必要でしょうか。「パソコン購入費」「インターネット回線使用料」「プロバイダの会費」「投資関連の書籍や雑誌の購入費用」「新聞購読料」「証券会社に支払う手数料」「証券口座に振り込む手数料」などが考えられるものではないでしょうか。
 このようなものをすべて計算し、1年間で株式投資におけるコストを計算します。これらのコストと、株式投資を行って儲けた利益と比較することによって、1年間で儲かったのか、損をしたのかをチェックします。利益が少ないうちは、コストのほうが課さんでしまうかもしれません。そのような時は、できるだけコストの削減に努めます。「ネット回線やプロバイダは、もっと安いところを探す」や「投資関連の書籍を買うことを少し控える」など、出て行くお金を少しでも切り詰めれば、株式投資において、効率よく運用することが可能になります。