自己責任を意識する

短期売買は、リスクの高い売買方法となっています。


 株式投資の投資方法で、短期売買と中・長期売買があります。このうち短期売買は、リスクの高い売買方法となっています。短期売買は、株価が、「今、上がった」「今、下がった」などと、リアルタイムでの勝負になります。値動きの影響をダイレクトに受けやすいのです。短期売買を行う場合は、このリスクを理解したうえで、行う必要があります。株価は常に動いていますので、上昇することもありますし、下降することもあるのです。
 株式投資は、自己の判断の元に行います。たとえ購入した株が下落したとしても、それは自分の判断ミスなのです。投資家の中には、投資家本人の判断と責任において行う投資判断を証券会社の外務員に任せている人もいます。その結果、大きな損失が生じてしまえば、証券会社のせいにして、トラブルとなることもあります。投資家は、証券会社の外交員などのアドバイスを参考にすることはかまいませんが、最終的な判断は、投資家本人自身でしなければならないのです。
 購入した株価が下落したときに、小さな損害で済むか、または、大きな損害になってしまうかは、その銘柄の購入を決めた投資家自身の責任です。株式投資を成功させるため、リスクを意識して、上手に投資を行いましょう。