リスクとリターン

株式投資には、リスクがつきものです。


 投資の分野のリスクとは、経済の仕組みの中で、損する可能性のことを指しています。リターンとは、経済の仕組みの中で得られる利益の事を指しています。リスクが低い投資対象のものは、ローリスクローリターン、リスクが高い投資対象はハイリスクハイリターンといわれています。株式投資には、リスクがつきものです。株式投資は、預貯金に比べて、リスクが大きくなります。預貯金ならば元本が保証されていて、一定の利息がつきますが、株式投資は元本が保証されていなく、利益が変動します。
 株式投資は、自己の責任の下に行います。投資する銘柄によっても、リスクは異なります。株価が急ピッチで上がって大きな利益を上げることが出来るような銘柄ほど、株価が反発し、下落した場合には、大きな損失が生じてしまう確立が高くなってしまいます。大きなリターンが期待できるものは、それだけリスクが大きくなりますし、大きなマイナスのリターンになる可能性もあります。リスクの小さいものは、大きなマイナスが生じる可能性は低くなりますが、リターンも小さくなります。
 リスクを伴ったものには、損をすることもありますが、リスクをとるからこそ、それに見合うリターンを得ることが出来るのです。