情報収集について@

株式投資をする人にとっては、新聞の「株価欄」は株価、債券価格など国民の経済活動の基本情報を教えてくれます


 株式投資を行う場合、情報力が大きなポイントになります。株式投資をしていない人ならば、新聞の中の「株価欄」は購読率が低くなるでしょう。しかし、株式投資をする人にとっては、新聞の「株価欄」は株価、債券価格など国民の経済活動の基本情報を教えてくれます。「証券欄」は新聞により、多少内容が異なりますが、国民に伝えなければならない経済の情報が載っています。読者である投資家のニーズに応えるため、相場の動きが中心になりますが上場している企業ごとの株価を乗せています。また、出来高が多かった株の要因や変動が大きかった株についても説明をしています。
 日本一経済情報が充実しているのは、「日本経済新聞」になります。日本経済新聞の株価欄を読むことで、多くの情報を得ることが出来ます。株式投資を行うためには、新聞の「株価欄」を理解することが大切になってきます。「株価欄」が理解できないと、投資家として、マイナスにつながっていきます。日経ネットでは、新聞と同じ情報を無料で手に入れることが出来ます。株式投資をするためには、株価の推移を継続してみることで、今後の動きや、伸びる業種、衰退する業種などを見分けることも出来ます。日経新聞の購読は、常識といっても良いでしょう。