M&Aにつて

「M&A(Mergers&Acquisitions )」は、企業の合併と買収を意味します。


 「M&A」という言葉を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。「M&A(Mergers&
Acquisitions )」は、企業の合併と買収を意味します。
 外国では、以前からよく行われていましたが、最近では日本の株式市場でも、事業再編や成長性、競争力を高めるため、M&Aをしかけることを行っています。会社法の施行により、以前に比べて、企業の買収や合併が行いやすくなったためだと考えられます。企業を買収するM&Aの方法は,3つに分けられます。「株式取得、買収」「合併」「営業譲渡、資産取得」に分類されます。敵対的M&Aは、「株式取得、買収」の手法をとることが多いようです。
 M&Aの手法として用いられる制度に、公開買い付け(TOB=TakeOverBid)があります。その企業を支配することを目的に、取引所市場外で買い付け期間、買い付け数量、買い付け価格などの情報をあらかじめ開示することによって、多くの株主から買い付ける方法になります。情報を開示することによって、公平さや取引の透明性を保つために義務付けられています。 
 大量保有報告制度(5%ルール)というものもあります。大量の株式を取得しているものは、保有割合の状況の開示が義務付けられています。