単元株制度

「単元株制度」とは、企業が任意に株式の売買単位を決められる制度です。


 「単元株制度」とは、企業が任意に株式の売買単位を決められる制度です。この制度が施行される前は、額面合計5万円を1単位とし、株式の取引が行われていました。額面50円なら1000株が1単位、額面500円なら100株が1単位となります。株価が高額な場合は、最低金額が高くなりますので、個人投資家は購入しづらくなっていました。単元株制度が出来たことにより、株式投資を行っている個人投資家にとっては、売買取引の対象となる銘柄が増えました。
 単元株制度により、企業が売買単位を自由に決めることが出来るようになったので、企業によって、1単元あたりの株式が異なる事態が生じました。「1株単位」「10株単位」「100株単位」「200株単位」「500株単位1000株単位」「2000株単位」「3000株単位」と、現在では、8種類もの単元があります。パソコンや携帯電話などを使用して、インターネットによる取引を行う場合は、売買単位の間違いをしないように気をつけなければなりません。第三者に確認してもらうわけではないので、自分で気をつけなければなりません。額面が高いものを間違ってしまうと、大きな損失につながってしまいます。インターネットでの取引を行うときは、細心の注意を払って行うことが大切です。