新規公開株

新規公開株は、「IPO(InitialPublicOffering)銘柄」とも呼ばれています。


 新規公開株は、「IPO(InitialPublicOffering)銘柄」とも呼ばれています。新しく上場される企業の銘柄のことを指しています。新規公開株は、大きな成長性を秘めています。上場直後に、公募価格の2〜3倍になることもありますので、株式投資の中でも、人気の高い投資方法となっています。新規公開株にとって公募価格よりも上がることは珍しいことではないのです。ただし、すべての新規公開株が公募価格の何倍にも跳ね上がるわけではありません。将来有望な新規公開株を見つけるためには、情報をチェックすることが大切です。新規公開株の情報は、証券会社のホームページや投資情報誌に掲載されています。目論見書などの資料にも目を通します。時間や手間を惜しむことなく、情報収集を行うようにしましょう。
 新規公開株を公開時に手に入れるには、どうすればよいでしょうか。購入するためには、抽選に申し込まなければなりません。その抽選で、当たった人のみ購入することが出来るのです。株数は限られた数しかありません。その株をめぐって、多くの投資家が抽選に応募するのですから大きな夢を持った人気の高い新規公開株を手に入れることは、狭き門となっています。とにかく、まめに抽選に申し込むことが、当選への近道となっています。