W指値

W指値はツイン指値とも呼ばれています。


 W指値はツイン指値とも呼ばれています。自動売買での機能の一部となっています。株式投資での利益確定や損切りをするタイミングを逃すことなく相場の動きに素早く対応するのにW指値は役立ちます。
 買いシグナルの出ている銘柄があったとします。成行で買ってもいいのですが、「同じ買うなら少しでも安く買いたい」と考えるのが投資家の心情になります。この場合指値を使います。しかし、他の投資家も同じ考えですので、買い注文がどんどん来て自分が注文を出している指値では、約定することが出来ない場合があります。このような場合、W指値を使うことで、対応することが出来ます。まず、指値を入れておきます。それと同時に、「株価がいくらになったら買う」という注文も出します。最初の指値注文が訂正される注文の出し方を行います。株価が上昇トレンドにある中で、株価が一休みした際にも、休むことなく一気に上昇した際にも、対応することが出来ます。これでどちらの状況になっても大丈夫なのです。
 売る場合でも、W指値は有効に働きます。W指値を使うことで、株価が上昇した場合でも、株価が下落した場合でも予想以上の損失をすることはなく、最小限の損失で抑えることが出来ます。