逆指値

自動売買に備わっている機能で「逆指値」があります。


 株式投資における自動売買に備わっている機能で「逆指値」があります。逆指値とは、ある一定の値段になったら、発注する条件の注文のことをいいます。
 通常の指値注文では「いくらまで下落したら買う」「いくらまで上昇したら売る」と、注文を出します。逆指値では、「株価が何円以上になったら買い」「株価が何円以下になったら売り」という注文方法になります。つまり、通常の指値注文で、「2000円になったら買い」ということは、「2000円以下までなら買い」という条件になっています。それとは逆の逆指値では、「2000円以上なら買い」という注文方法になっています。逆指値も一旦発注されると、普通の成行や指値として取り扱いがされることとなります。
 もちろん、逆指値は売り注文でも使うことが出来ます。売り注文で使えば、株価が急落した場合に有効です。たとえば、買値が1000円のものがあったとします。次の日から「株価が1000円以下になったら成行で売り」と指示を出しておけば、たとえ株価が急落したとしても、損失の拡大を防ぐことが出来ます。株価が上昇すれば、その時点で逆指値注文の価格を引き上げればよいのです。上手に使うことで、損切りや利益確定に役立てることが出来ます。