自動売買とは

一部のネット証券では、「自動売買」という機能が付いています。


 一部のネット証券では、「自動売買」という機能が付いています。この自動売買には「逆指値注文」、「W指値注文」、「リバース注文」などの機能を備えています。
 常に相場の値動きを見ることが出来ない場合など、通常の取引では、指値注文をしておけば「買い」や「売り」の注文をあらかじめ出しておくことが可能になります。しかし、市場状況によって、突然、株価が予想をしていなかった動きを見せることがあります。売るタイミングや買うタイミングを逃がしてしまい後から後悔しても手遅れということがあります。
 株式投資で短期売買を行う場合は、株価の動きをこまめにチェックし、買いと売りのタイミングを逃さないことが重要となってきます。タイミングを逃さないことは、利益を得るための必須条件なのです。自動売買では、買い注文の際に、「株価がいくら上昇したら売る」「株価がいくらまで下落したら売る」などと条件を指定することが可能となります。これによって、タイミングを逃すことなく、利益確定と損切りが出来るのです。ただし、自動売買は、自動に儲かるシステムではありません。注文価格を決めるのは投資家自身です。株式市場の流れを読み、投資情報やニュースに耳を傾けておくことが大切です。