押し目買い

「押し目」とは、相場が上昇しているときに、一時的に相場が下がることを指してこのように言います。


 「押し目買い」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。「押し目」とは、相場が上昇しているときに、一時的に相場が下がることを指してこのように言います。相場では、強い上げ基調のものであっても、休むことなく上昇を続けるものは少なく、一時的に下がる局面があります。一時的な下げを繰り返して、株価を上昇させていくのです。そこで、一時的な休みのときに、上がり始める前に買うことが「押し目買い」となります。ただし、その下げが本当に一時的な下げなのか、それとも下落相場への転換点であるのかは、後になってみないと分かりません。ですから、相場を読む目が必要になってきます。押し目買いの水準をつかむためには、過去のチャートを見て株価の動きをチェックしておく必要があります。また、上昇中の株を安く購入したいために、一時的に下がるのを待つことを「押し目待ち」といいます。
 ここで、間違ってはならないことがあります。「押し目買い」とは、株価が下がってきたときに買う方法ではありません。反転上昇し始めたところを買う方法となっています。自分の欲しいと思っている銘柄の株を少しでも安く買えるタイミングを待つ取引方法となっています。この押し目買いの方法は、特に相場全体が上向きのときには、最も効果的な方法となっています。