自分のお金で投資する

投資資金は、自分のお金で行うことが鉄則です。借金をしてまで投資をすることは危険を伴います。


  株式投資をするにあたっては、投資資金が必要になってきます。この投資資金は、自分のお金で行うことが鉄則です。借金をしてまで投資をすることは危険を伴います。
 ネット証券などが、急速に普及したことにより、手軽に株式投資を行えるようになってきました。手軽に行うことが出来るから、利益を得ることも簡単に出来るわけではありません。株式投資では、必ず利益を上げることが出来るわけではありません。損失が出ることも考えなければなりません。ですから、自分の手持ち金で、株式投資を行えば、儲けが出るとすぐに利益となることが出来ます。しかし、借金をして投資資金を用意すれば、投資で損失が出れば、謝金は膨らんでしまいます。儲けが出たとしても、借金の返済にまわさなければなりませんし、利益が少なくなってしまいます。
 株式投資での投資資金は、このぐらいが良いという目安はありません。各家庭よって、家族構成、生活状況、預金額など異なります。どの投資家においても余裕資金で行うことが大切です。余裕資金で行えば、急に現金が必要になったから、株を売って現金を用意するなど、必要ありませんし、株式投資によって、資金が減ってしまったとしても、焦ることがないからです。