デイトレーダーとは

一日に何回も株式投資を繰り返し行う人のことを「デイトレーダー」と呼びます。


 一日に何回も株式投資を繰り返し行う人のことを「デイトレーダー」と呼びます。インターネットの普及に伴い、デイトレーダーは急増しています。ネット取引では、株の売買委託手数料が、証券会社の店頭で行うよりも、はるかに安く付きます。このようなことも、ネット取引が急増した原因の一つだといえると思われます。
 株価は、企業の成長とともに、上昇します。しかし、デイトレーダーは、企業の成長などに関係ない投資方法を行っていきます。株を買ったとしても、その1時間後には売ってしまうこともあるのです。極端な短期売買を行っています。しかし、株式投資は、極端な短期売買にはあまり向いていない場合もありますので、多くのデイトレーダーの人が損をしているようです。しかし、デイトレーダーの中には、豪腕投資家もいますので、多くの利益を出している人もいるようです。
 株式投資の売買では、現金と株式を引き換えにする「現物取引」が一般的です。しかし、現六つ取引だけでなく、「信用取引」もあります。現物取引で株式投資を行う場合は、すべて現金です。信用取引でゃ、一定の現金と有価証券を担保に取引を行います。多くのデイトレーダーたちも、「信用取引」を行っています。信用取引はリスクの大きい株式投資となりますので、注意が必要です。