スタンスの違い

投資の進め方や目的など投資方法によって異なりますので、投資スタンスに沿った方法を行うことが重要になってきます。


 株式投資では、投資方法に短期売買と中・長期売買があります。それぞれ投資の進め方や目的など異なりますので、投資スタンスに沿った方法を行うことが重要になってきます。
 短期売買を行う場合、短期間のうちに何度も取引を行っていきますので、集中力が必要です。デイトレーダーの場合は、上がり始めた銘柄を見つけては、素早く買って少し上がったら売ります。そうして利益を上げていきます。デイトレーダーは取引を一日に何度も行いますので、パソコンにかじりついて取引を行うことになります。毎日このような取引が行える人はなかなかいるものではありませんし、毎日拘束されるのは、大変です。。株式市場を見ていて、気になる動きの銘柄が目に入ってきたときなど短期売買を行ってみるのもいいかもしれません。
 中・長期売買は、長い期間銘柄を保有することになります。中期で1年程度、長期ですと5年から10年、あるいはそれ以上の保有になる人もいるでしょう。中・長期売買のポイントは、他の投資家よりもその会社の成長性に気づくことです。中・長期売買は、株式を買った後、大幅に株価が上がったら売ることになります。大きく育てて利幅をとることで、利益を上げていく投資方法になります。