短期売買と中・長期売買

投資には、短期売買と中・長期売買の投資スタンスがあります。


 株式投資を行っている人は、みんなが同じ考えの下に株式を購入しているわけではありません。投資に対するスタンスも大きく異なることの一つです。投資には、短期売買と中・長期売買の投資スタンスがあります。株を購入してから売買するまでの長さによって、呼ばれ方が異なるのです。
 中・長期売買は、成長性を考えて銘柄を購入することになります。長い期間一つの銘柄を保有し続けます。長い期間保有することによって、配当金や株主優待を幾度となく受けることが出来ます。短期売買は、1日単位や週単位で取引を繰り返す行う投資家を指しています。売買手数料の安さや手軽さからネット取引が急速に普及したことにより、個人の短期売買のスタンスが増えてきました。
 短期売買は、そのときの旬の銘柄を見つけることによって、資金を効率的に回転させます。1日単位のデイトレーダーになると、一瞬一瞬が勝負ですので、株価をいつも気にしていなくてはなりませんし、気を抜くことが出来ません。短期売買を行うのであれば、株価を常にチェックすることが出来る時間的な余裕がないと難しいでしょう。
 自分にとって、理想的なスタンスを見つけることで、投資への対応方法が変わってきます。