貸借対照表

貸借対照表はバランスシートとも呼ばれています。


 貸借対照表はバランスシートとも呼ばれています。貸借対照表も、読み方を覚え理解することで、株式投資に役立てることが出来ます。
 貸借対照表は、「対照表」の文字通り、右側と左側を比較しながら見るようになっています。貸借対照表を読み取ることで、企業が経営を行っていくうえで、その資本は、株主資本であるのか借仕入れ金であるのか分かります。その資金をどのように運用しているんかも知ることが出来ます。資金の運用の仕方には、「流動資産」と「固定資産」があります。流動資産とは、現金、預金、売掛金、有価証券、製品、原材料などです。これらは1年以内に現金化しやすいものなので、流動資金となっています。逆に、1年以上現金化にかかるものが固定資産です。土地、建物、子会社株式、施設利用権などが当てはまります。
 資金調達では、借仕入れ金は借金になりますので、株主資本が望ましいと考えられます。資産運用では、どちらが望ましいということは難しいです。固定資産が悪いとはいえませんし、だからといって、流動資産が必要ないということはありません。資産は負債と資本で成り立っていますので、バランスが大切になってきます。