損益計算書

株式投資を行ううえで、その企業の実力を知ることは必要です。企業の実力を知る方法には、「損益計算書」と「貸借対照表」の2つがあります。


 株式投資を行ううえで、その企業の実力を知ることは必要です。企業の実力を知る方法には、「損益計算書」と「貸借対照表」の2つがあります。これらを読み、理解するためには、一定の知識が必要になっていきます。しかし、これらを理解することが出来れば、株式投信の情報源として、活躍させることが出来るでしょう。
 損益計算書は、企業の収益情報を記載しています。一番上には、売上高が記されています。この売上高から、製品を作るために要した売上原価を差し引いたものが、売上総利益となっています。売上総利益から販売費を差し引いたものが「営業利益」になります。営業利益には、だましの数字などありません。本業での儲けが数字となって表されています。
 利益には、経常利益という項目もあります。営業利益に営業外の利益と損失を加えたものになっています。経常利益に、株式や土地の売却益などの「特別利益」を加え、特別損失を差し引いたものが、当期利益になります。当期利益は、株主に均等される配当金の金額を考える際の元となっています。これらの数字を理解し、株式投資に生かせることが出来れば、他の投資家に差をつけることが出来るでしょう。