上方修正と下降修正について

企業の来期予測が狂った場合は、上方修正されるか、下降修正されることになります。


 株式投資においては、現在の株価とともに、将来性が重要視されます。過去の業績は重要ではありません。決算でも、前期実績、当期実績とともに来期予測の数字が出されます。特に重視していきたいのが、来期予測になります。
 その企業の来期予測は、あくまで予測ですので、株式相場の変動や為替相場の変動など、予測しきれないことが起こることもありますので、企業の来期予測も予測どおりにいかないこともあります。予測の変動があった場合は、日経新聞などの紙面で、報道されますので、投資家も情報を得ることが出来ます。予測が狂った場合は、上方修正されるか、下降修正されることになります。
 上方修正は、売上高や利益の増額修正になります。投資には、プラス材料だと考えられます。株式投資をおおなっている投資家にとって、プラス材料が出ることは好ましい状態ですが、営業利益が変わってないのに、経常利益が増えている場合は、企業が財テクなど、本業以外で利益を出していることが考えられます。よく注意しなければなりません。
 下降修正は、減額修正になります。投資においては、マイナス材料ですので、株価が下がることが予想されます。下降修正が出てもあわてて、株式を売ってしまわず、原因のチェックを行うことが必要です。