日経平均株価とTOPIX

日経平均株価は、株式市場全体の状態を示す指標となっています。


 投資を行っていない人でも、「日経平均株価」という言葉は聞いたことがあると思います。ニュース番組や投資関連の番組でもよく耳にする言葉となっています。
 日経平均株価は、株式市場全体の状態を示す指標となっています。日本経済新聞社が算出しています。日経平均株価は、通常、東証1部の225銘柄を用いて算出した「日経平均株価225種」を指しています。225というのは、東証1部に上場している225社を指しています。日経平均株価は、東証1部の225社の株価の合計を一定の除数で割って算出しています。
 TOPIXとは、株y式市場全体の様子を見るためのバロメーターとして東証が発表しています。日経平均株価が「株価」を基準としているのに対して、TOPIXは、「時価総額」を基準としたものさしとなっています。TOPIXは、東証1部上場の全銘柄を対象にしていますので、正確に株式市場の動きを反映していると考えられています。株式投資を行っている投資家は、株式市場の全体の動きを見ることは良い投資を行ううえで基本となることです。個別の銘柄だけを見ていても、流れをつかむことは出来ません。そのために、投資家は、日経平均株価やTOPIXを利用して市場全体の様子を見ています。