PBR

企業の利益を見るだけでは、良い企業を探すことは出来ません。


 株式投資の対象として企業を見る場合、企業の利益を見ることはとても重要なポイントになってきます。しかし、その企業の利益を見るだけでは、良い企業を探すことは出来ません。その企業の資産価値、財務体制、健全な経営であるかどうかなど判断基準はいろいろあります。企業の資産価値から株価の割高を判断する尺度として「PBR」(PriceBook-ValueRatio−株価純資産倍率)があります。PERと並んでよく利用される尺度となっています。「PBR」は一株あたり純資産で株価を割って算出します。 株主資本は、株主のものです。ですから、会社が解散すれば、株主資本は、株主に配分されることになります。一株について配分される金額が一株あたり株主資本なのです。つまり、企業が解散した場合に、株主にいくらの金額が戻ってくるかという目安になるのです。
 一株あたり株主資本が株価と同じであれば、今すぐ会社が解散しても、株主にとっては、損も得もありません。この場合のPBRは1倍です。この1倍が一つの判断基準になります。1倍に近づくほど「底値圏」と判断されなす。ただし、数値は業種によっても異なりますにので、どう業種で比較してみることが良い判断をする基準となるでしょう。