新規公開株について

株式市場に流通していなくて、新たに公開することが決まっている株式を「新規公開株」といいます。


 まだ、株式市場に流通していなくて、新たに公開することが決まっている株式を「新規公開株」といいます。新規公開株は、「IPO」とも呼ばれています。新規公開株の株式投資を望んでいる場合は、証券会社の店頭やホームページ、日経新聞などでその情報を知ることが出来ます。新しく上場することになっているその企業について内容を知るためには、「目論見書」を見て、確認することが出来ます。目論見書は、企業の業務内容や財務内容などを記載した書類になります。引き受け証券会社の店頭などで入手することが出来ます。
 一般の投資家が、上場前の株式を購入するには、証券会社の店頭や、ホームページから申し込みをする必要があります。ただし、公開される株式以上の申し込みがあった場合は、抽選となりますので、株式を購入できない場合があります。人気がある企業が上場をする場合は、株式公開前から、噂となりますので、高い競争率が生じることとなります。投資家は、自分が購入したい株数を引き受け証券会社に申告します。その後、購入の権利を得た投資家は購入の申し込みをして、引き受け証券会社に代金を支払います。その後、株券の交付を受けることとなります。