消費者の視点で考える

銘柄選びのヒントは、私たちの日常生活の中に隠れています。


 株式投資において銘柄をを選ぶときに一番気にすることが、株価の上昇だと思われます。株価が上昇する会社は、今後の成長が望まれていますし、業績もよく、多くの人々から支持されています。ですから、投資家からの人気も高く、株価が上昇するのです。
 銘柄選びのヒントは、私たちの日常生活の中に隠れています。普段何気なく買い物をしているスーパーマーケットやコンビニエンスストアーにも、株式投資につながるヒントは隠されているのです。スーパーマーケットには、商品を置くための多くの陳列棚がありますが、私たち消費者が一番良く目にする棚には、熾烈な場所争いがあります。長い期間同じ場所をキープできている商品があれば、それは、消費者からの人気が高いことにつながりますので、その商品を製造しているメーカーに、注目することにつながっていきます。
 また、目立つ位置で新製品をアピールしているメーカーーや他のメーカーよりも広い場所を提供されているメーカーにも注目して見ていきます。このような場所をスーパーマーケットやコンビニエンスストアー側から提供されるということは、その製品の人気度や、担当者の営業力の高さを表しています。このような点に目を向けることも一つの方法になります。