保有する銘柄について

株式は、生き物と同じです。毎日絶えず動きますので、お世話が必要になってきます。


 多くの銘柄の中から、どの株を買うのか考え、選ぶことは、株式投資の楽しさでもありますが、一番悩むところでもあります。株式は、生き物と同じです。毎日絶えず動きますので、お世話が必要になってきます。業績の変化や株価の動きがあるので、チャートを観察したり、関連ニュースの情報を得るなどして、それらのケアが必要なのです。
 株式投資を行うことで、生計を立てている人ではなく、他に仕事を持っている投資家ならば、常に保有しておける株数は、5銘柄程度に抑えておいたほうが良いでしょう。それ以上保有すれば、負担が大きくなり、きちんと管理できなくなってしまいます。
 投資は、自分の所有している銘柄だけに、注目しておけばよいものではありません。株式市場全体の流れを把握しておく必要がありますし、効率的に投資を行える銘柄を探すことが出来るように、常にアンテナを張っておかなければなりません。
 買いたい銘柄のリストを自分なりに作成しておき、気になる銘柄の候補をたくさん挙げておけばよいでしょう。銘柄の分野も、リスクを抑えるために、同じ分野ばかりでなく、異なる分野の銘柄を混ぜておくほうが良いでしょう。そうすることで、リスクを分散することが出来るのです。