株の呼び方

低位株であっても、値がさ株であっても、株主の権利が変わることはまったくありません。


 新聞や株式投資の雑誌などで、よく目にすることが出来る株の名称について見ていきます。
「値がさ株」・・・値がさの「かさ」とは、「嵩」を意味しますので、値段が高い株式のことを指します。資金的に余裕がないとなかなか変える株ではありません。株価が数千円以上するものを値がさ株と呼んでいます。
「中位株」・・・平均的な株価に近い株式のことを指します。株価が1000円前後のものを中位株と呼んでいます。
「低位株」・・・本来の価値に比べて株価の安い株式になります。割安株、バリュー株とも言われています。低予算で帰ることが魅力となっています。数百円以下の株を低位株と読んでいます。
「安定株」・・・財務内容が良くて、株価の変動の大きい会社や、配当金をたくさん得ることが出来る会社の株式になります。高配当株とも言われています。
「成長株」・・・株価の変動が不安定ですが、大きく育つ可能性を秘めた株式になります。グロース株とも言われています。

 このように、株式の呼び方はさまざまです。この区分の仕方は、株価によるものだけで、低位株であっても、値がさ株であっても、株主の権利が変わることはまったくありません。株主総会に出席することも出来ますし、配当金があれば、それを得ることも出来ます。