株の税金

「源泉徴収ありの特定口座」を開設すれば、株式投資によって利益が生じれば、証券会社が、対応をしてくれます。


 株式投資を行う場合は、証券会社に口座を開設することになります。この口座には、3つの種類があります。口座の種類によって、納税方法が異なっています。「源泉徴収ありの特定口座」を開設すれば、株式投資によって利益が生じれば、証券会社が、対応をしてくれます。利益が生じれば、その中から税金分を差し引いてくれますし、損失が出れば、損失分をマイナスしてくれます。1年が終わった後に、まとめて1年分の是金を計算し、納税してくれます。投資家は、報告を受けるだけとなっています。「源泉徴収なしの特定口座」の場合や「一般口座」は、自分で確定申告をすることになります。「源泉徴収なしの特定口座」は、入年間の取引報告書を証券会社が作成してくれるので、それを添付して確定申告を行います。「一般口座」の場合は、すべて自分で行わなければなりません。
 また、2社以上の証券会社を利用していて、どちらかで損失の場合は、開設している口座が、「源泉徴収なしの特定口座」の場合でも、確定申告が必要になります。確定申告を行うことで、税の還付を受けることが出来るからです。
 配当金に関しては、あらかじめ、税額を引いた金額が振込書に記載されています。税額を際引いた額を金融機関から受け取ることになっています。