株を買える会社は決まっている

上場をしていない会社は、一般の投資家が買いたくてもその株を買うことは出来ません。


 出資者を募りたいと考えている企業にとって、株式市場は、大きなメリットがあります。銀行などの金融機関ですと。お金を借りると、返還しなければなりませんし、金利を支払わなければなりません。しかし、出資者から出資金を募っても、返還の必要はないし、金利を支払う必要もありません。株式市場では、多くの人に出資してもらえるチャンスがあります。しかし、株式市場に登録するには、厳しい審査があります。会社は誰でも設立することが出来ますから、投資家をだまそうとして会社を設立するような人がいるかもしれません。このような会社を見抜くためにも、厳しい審査が必要なのです。
 株式市場へt登録をすることを「上場」と呼びます。上場している会社の株を「銘柄」と呼びます。大企業は、多くの事業資金が必要になってきますから、ほとんどの会社が上場をしています。「上場している企業」というのは、厳しい審査を潜り抜けてきていますので、「一流企業」を意味しています。しかし、誰もが知っている大企業であっても。上場をしていない会社があります。このような会社の株は、一般の投資家が買いたくてもその株を買うことは出来ません。株式投資ができるのは、上場企業の銘柄だけなのです。