売るタイミングA

持ち株の株価がある一定のところまで下がった時点で売ることを「損切り」といいます。


 株式投資において自分の買った株が上昇しているときは、気分も最高潮ですが、株価が下がっているときは、気分も落ち込み、株価を確認することも嫌になってしまいます。これが、初めて買った株ならば、尚のこと、投げ出したい気持ちになるでしょう。投資家は、誰でも下がる株を買うわけではありません。今後この株は上がっていくだろうと考えて買うことを決めるのです。ですから、株が下がっていくと、「こんなはずではなかった」「もうすぐしたら反転するはずだ」と考えてしまいます。うまく、株価が戻ればいいのですが、結局、株価が下げ止まらない場合は、売るタイミングを逃しているので、仕方なく所有し続けることになります。
 持ち株の株価がある一定のところまで下がった時点で売ることを「損切り」といいます。下がっているときに株を売るわけですから、当然投資資金は減ってしまいます。しかし、長期間持ち続けて、資金が固定されてしまうことよりは良いとされる場合、損切りを行います。度重なる損切りを行うことは手数料もかかりますので、考え物です。長期間持ち続けていた株が持ち直してくる場合もあります。そうなれば、結果的に利益になることもあります。むやみやたらに損切りすることは考え物です。