株式分割とは

「株式分割」というものがあります。これは、株式を分割して増やすことになります。


 「株式分割」というものがあります。これは、株式を分割して増やすことになります。100株の株を所持していたとします。その株が1:2の分割がされることになりました。そうすれば、100株から200株へと持ち株が増えることになります。200株持っていれば、400株に増えるのです。しかし、ここで注意しなければならないことがあります。たとえ持ち株が2倍に増えたからといって、持っている株の価値が2倍に増えたことではありません。株式分割は、株の価値の総額にほとんど影響を与えません。株価の値段は変わらないので、2倍に持ち株が増えた場合では、1株あたりの株価が半分になるのです。
 ただし、株主としての権利は増えます。株式分割をすれば、それだけ持ち株が多くなるのですから、株主総会での議決権も増えることになります。また、配当金の変更がなされなければ、分割で多くなった株式に比例して、配当金も多くもらうことが出来ます。
 株式投資はなぜ行われるのでしょうか。1株あたりの価値を下げ、株価を安くすることで、個人投資家が買いやすくするためです。多くの投資家に株式投資を行ってもらいたいという考えがあります。また、分割することで、話題となり、株価のアップを図れることがあります。