信用取引のリスク

株式投資で、信用取引を行うことは、リスクを生じます。


 信用取引では、最初に担保として、保証金を預け入れることによって、信用買いやカラ売りが出来ます。信用買いとカラ売りは、資金や株式がなくても、売買できるメリットがあります。しかし、株式投資で、信用取引を行うことは、リスクも生じます。
 多くの証券会社で出来る信用取引には、返済期限が設けられています。6ヶ月以内に返済を行わなければならなくなっています。担保不足になった場合には、保証金で穴埋めすることが出来ます。しかし、損失の穴埋めが出来ない場合や、最低保証金維持率を割り込むと、担保不足となり、追証が必要になります。最低保証金維持率は、各証券会社によって、独自に決められています。
 信用外を行った投資家は、証券会社に定められた金利を支払わなければなりません。これを「日歩」といいます。株価が下がり始めれば損失を伴いますので、穴埋めをしなければなりません。
 カラ売りでも、損失は起こることがあります。自分が予想したことに反して、株価が上がってしまうと、損失が生じます。最低保証金でカバーできなければ、現金を支払わなければなりません。
 このようなことにより、信用取引は「ハイリスクハイリターン」といわれています。軽い気持ちで信用取引を行うことは危険です。