株式投資参加者について

株式投資を行っている人たちを分類すると、大きく3つに分けることが出来ます。


 株式投資を行っている人たちを分類すると、大きく3つに分けることが出来ます。
@外国人投資家・・・日本の企業の株は外国人にとても人気があります。自分の国の株だけでなく、外国の株を取引している人は、とても勉強熱心で、投資家としてレベルが高い人になります。凄腕の投資家が多くいます。
A機関投資家・・・主に信託銀行、証券会社、事業法人、投資信託、銀行などが含まれます。機関投資家の中には、億単位で取引を行う投資かも含まれています。
B個人投資家・・・初心者からベテランまで、さまざまな人がいます。個人投資家の多くが損をしているといわれています。
 これらの人々が、株式投資を行い、安い値段で買って、高い値段で売る行為を繰り返し行っています。ただ、個人投資家は、総取引数が多くても、一人ひとりの資金が少ないので、大口の機関投資家や外国人投資家の取引量に影響されることが多くなっています。ですから、株価の動きは、大口の機関投資家や外国人投資家に左右されてしまいます。株式投資を行っている人々には、つわものがそろっています。個人投資家として、損をする達人とならないように、注意しなければなりません。情報収集を行い、企業の変化を知ることがすることが大切になってきます。