トレンドについて

株価には、「トレンド(方向性)」があります。


 株価には、「トレンド(方向性)」があります。トレンドには、上昇、下降、横ばいの3つがあります。トレンドをつかんだ人は、株式投資で、売買のタイミングをつかむことが出来ます。トレンドを見極めることで、株式投資の成功へとつながっていくでしょう。トレンドを確かめたい場合は、一定期間における底値を結び、直線を引きます。この直線を読み取ることで、トレンドを判断することが出来ます。この直線をサポートラインと呼びます。
「上昇トレンド」・・・右肩上がりになっていれば、上昇トレンドに入っています。株式を売りたい人に対して、買いたい人が多い状態になります。この銘柄は、将来性があるので、もっと株価が上がるはずだと考えたり、すでに株を買った人が、もっと上がる株だと考え、所有を続けていると、上昇トレンドとなります。
「横ばいトレンド」・・・大して上がりもせず、下がりもしていないラインを横ばいトレンドといいます。初心者の投資家が、このような銘柄の株を買うことはリスクも低く買いやすいと考えられます。
「下降トレンド」・・・右肩下がりになっていれば、下降トレンドということが出来ます。株式を買いたい人よりも売りたい人が多い状態になります。株価が下げ止まるまで、静観している人が多いので、株価が下がり続けてしまい、このような状態になります。