ゴールデンクロスとデッドクロス

移動平均線が示すシグナルとして有名なものに「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」があります。


移動平均線が示すシグナルとして有名なものに「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」があります。「クロス」という名前どおり、2本の移動平均線がクロスした状態のものを指します。十字が現れると、「相場の転換期だな」「ここが底だな」「ここが天井だな」などと予想を立てることが出来ます。短期の移動平均線が下から上がってきて、長期の移動平均線を抜く形になるのが、ゴールデンクロスです。株価の上向きを伝えていますので、買いのシグナルだと考えられています。短期の移動平均線が上から下がってきて、長期の移動平均線より下に行く形のなっているのが、デッドクロスです。株価は下向きになっていますので、売りのシグナルが出ているとされています。
 ゴールデンクロスもデッドクロスも多くの投資家に知れ渡ってしまうと、我先にと株式の売買を行うことになるでしょう。結局、クロスが出現した後に株式投資を行うと、遅いことになってしまいます。このようなことを防ぐためにも、移動平均線を使い分けて、株価のトレンドの転換をつかむことが大切になってきます。
 ただし、これらのシグナルは、絶対的に信用できるものではありません。ですから株式投資を行う上での一つの考え方として頭に入れておくと良いでしょう。