テクニカル分析について

テクニカル分析は、チャートを読むことにより、過去の株価の動きや水準に着眼して、今後の株価の動きを予想する分析方法になります。


 テクニカル分析は、別名チャート分析といいます。テクニカル分析は、チャートを読むことにより、過去の株価の動きや水準に着眼して、今後の株価の動きを予想する分析方法になります。テクニカル分析では、株式の売買のタイミングを判断するときに役立つ分析方法です。テクニカル分析の基本は、「ローソク足」になります。ローソク足を理解することがテクニカル分析の理解へとつながっていきます。
 チャートを読むことで、ローソク足の長さなどから株価の転換点や、株価の高値圏、安値圏など、予想することが出来ます。また、「ここまで下げたからそろそろ反発するだろう」「株価が上がりすぎてるから、そろそろ利食い売りが多く出てくるだろう」「株価は過熱状態だ」など、判断することも出来るのです。ローソク足が食い合わさってチャートが出来ているのですが、ローソク足は、テクニカル分析の基本ですので、理解することが大切です。初心者のうちは、見られないものですので、難しい場合もあると思いますが、慣れてくるとだんだんと分かってくるものです。
 しかし、テクニカル分析だけに頼っても、株式投資が万全というわけではありません。何種類か気に入った分析を見つけて、株価の傾向をつかむようにすれば良いでしょう。