ローソク足の動き

ローソク足を見ていくことは、今後の予測を立てる上で、とても便利なのです。


 ローソク足の動きは、今後の株価を予想することが出来ますので、株式投資をする上で、ローソク足の位置を見ることはとても大切になってきます。株式投資で、利益を出すためには、株式の売買のタイミングが重要になってきます。利益を出すためには、株価の底で買い、天井で売ることがもっとも大きな利益を得ることができます。しかし、このようなことを実際に行うには、とても難しいのです。一般的に、「株価が高値圏にあって、大きな黒いローソクが出ると、株価はその後下がり始める」「株価が安値圏のとき大きな白いローソクが出ると、株価上昇になる傾向が強い」といわれています。ローソク足を見ていくことは、今後の予測を立てる上で、とても便利なのです。
 チャートを見ていると、隣のローソクとの間に、空白が出来る状態をたまに見ることが出来ます。この空白を「窓」といいます。窓が開いたときは、上昇や下落の勢いが強いことを示すシグナルとなっています。高値圏での窓は、売りが殺到して、株価が急落していることを表していますので、打ったほうが良いと考えられます。。底値圏での窓は、買いが殺到して、株価が急騰していることを表していますので、買いのシグナルが出ています。このように、窓が開くことは、今後株価が大きく動くことが考えられます。