ローソク足の組み合わせA

「ローソク足の組み合わせ@」に続いて、主なローソク足の組み合わせを紹介していきます。


 「ローソク足の組み合わせ@」に続いてここでも、主なローソク足の組み合わせを紹介していきたいと思います。買いたい気持ちがはやっているときは、冷静な判断が出来にくいものです。主な組み合わせを知っておくことが、株式投資への適切な判断にもつながっていきます。
・底打ちしたときに出やすい組み合わせ
◎切り込み線・・・売りによって陰線が出ていた株価が、急に買いが入り、陽線になった場合、チャートに切り込み線が入ったといわれます。株価が底打ちしたと考えることが出来る場合が多くなっています。
◎はらみ線・・・陰線や陽線に短いローソク足がくっつくことです。陽線や陰線にプラスして、同事線がくっつくと「はらみ寄せ線」と呼ばれています。
・高値圏で出やすい組み合わせ
◎宵の明星・・・明けの明星の反対になります。陰線の上に長い上ヒゲが付いた形になります。これが出ることで、株価が下げ始まることを示しています。天井圏で出たら、早めに売るほうが良いでしょう。
◎毛抜き天井・・・陽線の始値を下回る陰線が出れば下げに転換するサインとなります。
◎被せ線・・・天井圏で株価が上がったが、次の始まり値は高く、陰線で引けた場合は利食いが多かった状態になりますので、株価は下げの方向に向かうことが考えられます。