口座の種類

証券会社を決めたら、口座を開くことになります。この口座には、3つの種類があります。


 証券会社を決めたら、口座を開くことになります。この口座には、3つの種類があります。@一般口座A特定口座(源泉徴収なし)B特定口座(源泉徴収あり)の口座がありますので、この中から選ばなければなりません。
 株式投資を行って、利益が生じれば、税金を払わなければなりません。税金の支払い方法に関して、3つの口座が設けられています。
@一般口座・・・株の売買を行い、利益が生じれば、税金を支払うことになるわけですが、一般口座を開設した場合は、自分で確定申告をすることになります。今後、株式投資を長く続けていくのであれば、このような作業は、手間がかかりますし、面倒になってきます。
A特定口座(源泉徴収なし)・・・入年間の売買の集計を証券会社が行い、「年間取引報告書」を送付してもらえますので、確定申告の際には、この報告書を添付することになります。
B特定口座(源泉徴収あり)・・・確定申告をする必要もないのが、源泉徴収ありの特定口座になります。株取引以外に確定申告をする必要のない人は、この口座を開設すれば、手間が省け便利です。
 口座の種類は、毎年最初の株取引までに変更することが可能です。不都合が生じた場合は、次の年から変更すればよいのです。