ネット取引に必要なもの

インターネットで株式投資を行う場合、まず、パソコンが必要です。


インターネットで株式投資を行う場合、まず、パソコンが必要です。携帯電話を使用して行えるネット証券もあります。しかし、携帯電話では、画面も小さく使い勝手も悪くなります。外出先で、株価のかぬにんをするために、携帯電話を使用する程度にして、主なる取引は、パソコンで行うようにしましょう。オンライントレードを行うためだけならば、パソコンは最新のものである必要はありません。少し古いパソコンでも十分使用することが出来ます。ただし、リアルタイムで見ることが出来るチャートの表示などは、古いパソコンでは、利用できない場合があります。ネット証券に確認することが必要です。また、セキュリティーソフトは入れておいたほうが安心です。
 インターネットの接続環境は、「ブロードバンド」と「ダイヤルアップ」があります。「ブロードバンド」は、常時接続している回線になります。「ダイヤルアップ」は、一回ごとにインターネットに接続しますし、利用時間に応じて利用料金を徴収されます。株式投資初心者の場合は、長時間株価の動きを見たり、一分一秒を争って株式売買のの注文を出すことはないでしょう。しかし、今後慣れてきて、リアルタイムの株価を見ながら株式投資をすることになるかもしれませんので、「ブロードバンド」のほうがお勧めです。