売買手数料の仕組み

株式投資で、株式の売買取引を行うとき、証券会社に手数料を支払わなければなりません。


 株式投資で、株式の売買取引を行うとき、証券会社に手数料を支払わなければなりません。この手数料は、「株式売買委託手数料」と呼ばれています。株式を買ったときも、株式を売ったときもこの手数料を支払います。以前手数料の金額は、一律で統一されていました。しかし、1999年の10月に完全自由化となり、証券会社が各自で手数料を決めることが出来るようになりました。証券会社では、他の会社との差別化を測るために、さまざまなサービスを提供しているところもありますし、顧客を増やすために、どんどん手数料を安くしているところもあります。証券会社によっては、口座管理料が必要なところもありますが、ネット証券では、ほとんどのところで口座管理料を無料にしています。
 株式投資初心者のうちは、頻繁に株の売買をすることはないかもしれません。ですから、シンプルなタイプの料金設定をしているネット証券を選ぶことが望ましいと思われます。売買手数料のタイプは、3つのタイプに分けることが出来ます。「一回の売買ごとに手数料がかかる」タイプ、「売買金額の範囲で手数料がかかる」タイプ、「一部が無料」のタイプに分けることが出来ます。小額の売買しか行わない場合は、無料サービスを提供しているネット証券もあります。