株式市場の営業時間

株の売買は、原則として証券取引所が開いている時間しか行うことが出来ません。


 株の売買は、原則として証券取引所が開いている時間しか行うことが出来ません。取引所が開いている時間を「立会時間」といいます。立会時間には、午前と午後があります。空いている時間は、取引所によって、多少異なります。立会時間のことを「場」といいます。午前の立会時間を「前場」午後の立会時間を「後場」といいます。前場の最初を「寄り付き」、前場の終わりを「前引け」、後場の寄付きを「後場より付き」、後場の最後を「大引け」といいます。売買注文が成立するのは、立会時間中だけですが、売買注文は、立会時間外の昼休みや夜間でも注文を出すことは出来ます。立会時間外に出された注文は、後場の寄り付きや次の寄り付きで処理されます。
 取引所は、土日祝日がお休みです。年末年始もお休みです。年末は12月30日が最後となりこの日を「大納会」と呼びます。また、新年は1月4日から始まり、「大発会」と呼びます。
・東京証券取引所   9:00〜11:00  12:30〜15:00
・大阪証券取引所   8:50〜11:00  12:30〜15:10
・名古屋証券取引所  9:00〜11:00  12:30〜15:15
・JASDAQ市場    9:00〜11:00  12:30〜15:00
・ヘラクレス市場    9:00〜11:00  12:30〜15:10