株の売買について

株式投資を行う場合、投資家は、証券会社を通じて取引所に売買注文を出します。


 株式投資を行う場合、投資家は、証券会社を通じて取引所に売買注文を出します。その方法には、2種類あります。
・「指値注文」・・・株を買いたい人は、どのくらいの値段で買いたいのか注文を出します。その値段が一致したときに売買が成立します。株を注文するときに示した値段を「指値」と呼びます。ですから、このような注文方法を「指値注文」と呼びます。
・「成行注文」・・・値段を指定しないで、売り・買いの注文を出すことです。たとえば、現在の値段が1000円だとします。売り注文が1100円だったとします。1000円だと思って買い注文を出したとしても、成行で買い注文を出したので、1100円で買うことになってしまうのです。しかし、成行注文では、値段が指定できない代わりに、売買の相手さえいれば、すぐに株を購入することが出来るのです。どうしても、この株が欲しいという場合には、成行注文を出します。
 人気のある銘柄になると、多くの注文が集まります。株式市場が開いている間に多くの投資家たちが株式投資を行って株の売買を行っています。決まられた時間の中で、複数の証券会社から多くの注文が入ります。ですから、多くの取引を公正に行うために、売買ルールが決められています。