ネット取引とは

インターネットで、株式投資をすることをネット取引といいます。


 インターネットが普及したことにより、私たちの生活はどんどん便利になってきました。インターネットで、株式投資をすることをネット取引といいます。
 ネット取引が普及する前では、株式の売買を行う場合、証券会社の店頭に行ったり、電話をすることで株式の注文を行っていました。インターネットが普及したことにより、パソコンにより、証券会社のコンピューターに直接接続できるようになりましたので、パソコンから、株式の売買注文ができるようになりました。また、証券会社のコンピューターに接続することで、リアルタイムの株価を知ることも出来ます。インターネットに接続している環境が整っていれば、職場からであろうと、自宅からであろうと、どこからでもネット取引は行えます。ですから、個人投資家を中心に利用者が急増しています。
 日本でのネット取引を最初に始めたのは、大和証券になります。96年からサービスを開始しました。その後、99年に売買手数料の完全自由化が始まりました。ネット取引で、株式投資は、人々にとって身近なものになってきました。ネット証券は、既存の証券会社だけでなく、異業種からの参入もあります。今では多くのネット証券が増えています。ですから、ネット証券では、競争の激化が生じています。