「株で儲かる」とは

株価は常に動いています。その性質を利用して、利益を得ることが、「キャピタルアゲイン」になります。


 株式投資で設けるためには、2つの方法があります。1つは、株を安く買って、高く売る方法で、「キャピタルアゲイン」と呼ばれています。もう一つは、配当金や株主優待によって利益を得る方法です。
 株価は常に動いています。その性質を利用して、利益を得ることが、「キャピタルアゲイン」になります。株価はいつも動いているといっても、今後の動きを予測するのは、簡単なことではありません。株価の値動きを表したグラフのことを「チャート」と呼びます。チャートの動きを見ただけでは、株価の動きを判断することは困難です。キャピタルアゲインを得るためには、企業の将来性を見ていきます。企業が成長していけば、企業価値が上がり、株価も上がります。これらは、長期的な投資に向いている考え方になります。また、決算の数字を見て判断することも出来ます。企業の業績、価値、将来性を考えて、今の株価が適正であるかどうか考えます。
 「配当金」はすべての企業で実施されるわけではありません。株主に対し、利益の一部を還元することで、行われますので、赤字の企業では、配当をしない場合もあります。銀行の利回りよりも、ずっと高い利回りの配当金を出す企業もあります。初心者のうちは、リスクの低い、「配当金」に着目する株式投資の方法も良いでしょう。