情報の見方

「会社四季報」には、さまざまな情報が掲載されていますが、注目するポイントがあります。


 株式投資の情報を得るためには、「会社四季報」や「日経会社情報」を欠かすことは出来ません。どちらも同じような内容となっていて、年4回発行されています。ここでは、「会社四季報」の見方について説明していきたいと思います。
 「会社四季報」には、さまざまな情報が掲載されていますが、注目するポイントがあります。まず、社名欄の横にある、コメント欄に注目します。各分野の担当記者がコメントを載せています。取材をした結果の見解を載せてありますので、重要な部分です。会社の業績の見通しと、過去の実績は、業績欄に書かれています。「売り上げ」「営業利益」「経常利益」「利益」などが数字によって、表されています。売り上げが伸びない限り、利益も伸びることがありませんので、「利益」を見ていくことは大切です。
 財務欄を記載しているところも重要な部分となります。「株式」「財務」「指標等」の項目では、その会社の財務を知ることが出来ます。「株式」には、発行済み株式数と売買単位の株数が記載されています。「財務」では、会社の持っている全財産を知ることが出来ます。
 「会社四季報」や「日経会社情報」に難点があるとすれば、リアルタイムの情報ではないということです。数字が公表されて、発行するまで時間を有します。速効性に優れていないことが欠点です。