情報収集についてA

「会社四季報」を活用することも、株式投資には有効な手段となります。


「会社四季報」を活用することも、株式投資には有効な手段となります。投資家にとって、「会社四季報」は人気があります。手に取ったことはなくても、書店で山積みにされた状態の「会社四季報」を目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。「会社四季報」を見れば、会社の状況が分かるようになっています。しかも、年に4回発行されますので、経営状況の変化もわかるのです。ですから、株式投資をする人にとっては、なくてはならないものとなっています。
 「会社四季報」の特徴として、会社の来期の予想においても、客観的な判断がされます。株主となっている企業だけでなく、他の企業の経営状況も見ることが出来ます。企業のさまざまな変化を確認することが出来るのです。
「会社四季報」の売り上げは、6月(夏季号)が一番多くなっているようです。年度末の決算が繁栄しているのが、6月号(夏季号)になるからだと思われます。その次に売り上げが多いのが、12月(新春号)になっています。12月(新春号)は、中間決算が反映されています。この2つの号だけでも、十分情報を得ることが出来ます。しかし、さまざまな情報を得るためには、やはり、全部の号を購入することが良いかもしれません。