株式会社の仕組み

大きな企業は、株式会社という仕組みで運営するのが普通です。


 そもそも「株」とは何でしょうか。大きな企業は、株式会社という仕組みで運営するのが普通です。事業を行っていくためには、資金が必要です。自らの資金で事業を運営できる場合は問題ないのですが、このような人はまれです。株式会社が資金を集めるためには、2つの方法があります。一つ目は、銀行や信用金庫などから資金を借り入れる方法です。もう一つは、株式を発行して、資金を調達する方法になります。
 大きな資金を集めるためには、広く世間一般から出資者を募り資金を出してもらいます。その代わり、出資者に対して、いくら出資してもらったかを証明するためのチケットを発行します。このチケットが「株券」になります。この「株券」は、株式会社に出資した人が得られることが出来ますので、株券を持っている出資者のことを、「株主」と呼びます。
 株主は、出資した会社が事業に成功して、利益を出せるようになったら、利益の還元を受けることが出来ます。利益の還元には、会社の稼いだ利益の一部から株主に支払う「配当金」や株券の値上がりによって利益を得られる方法などがあります。
 銀行や信用金庫などでお金を借りると、利息が生じますが、株式の発行では、利息が生じないので、株券の発行は、出資者だけでなく、株式会社にとってもメリットがある方法になります。